1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Throw Back Your Head / Q AND NOT U (Power 収録)

 FUGAZIイアン・マッケイ率いるアメリカを代表するインディー・レーベル、DISCHORDに所属したバンド、Q AND NOT Uの2004年発表の3rdアルバム『POWER』収録曲"THROW BACK YOUR HEAD"。

・Q and not U - Throw Back your Head


 アルバムを通してダンサブルな曲が多く(ディスコ・パンクと安易に言いたくなるけど、それとは全然違う気がする)、ディスコードというレーベルのもつイメージとはかなり違うサウンドになってますが、この曲はもうそれを通り越して、なんか童謡のような雰囲気すらしますね。

 しかしね、これがまたいいんだ。笛のような音もどこか悲しげで。メリハリもあって、ホント素晴らしいアルバムだと思います。

【サイト内関連記事】
WONDERFUL PEOPLE / Q AND NOT U (POWER 収録)
L.A.X. / Q AND NOT U (POWER 収録)


カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2007年03月29日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Two Hearts Beat as One / U2 (WAR 収録)

 They beat on black, beat on white
 Beat on everything don't get it right
 Beat on you, beat on me, beat on love♪


 THE BIGGEST ROCK BAND IN THE WORLDことU2が全英No.1を獲得し、故郷アイルランドからついに世界に羽ばたいた大傑作3rdアルバム『WAR』(邦題『WAR(闘)』)収録曲"Two Hearts Beat as One"。

・U2 - Two Hearts Beat As One


 ボノの熱いヴォーカルにエッジの切れ味鋭い上にディレイの効いた空間に広がりのあるギターの音、すべてがカッコイイ。

 アイルランドという音楽的には辺境の地であったからか、70年代後半にイギリスで吹き荒れたパンクの嵐が静まった後に、遅れてきたパンクよろしく登場したU2の青い衝動が詰まった曲だとおもいます。

 最近のボノはインタビューで「(この歌を歌う仕事は)3分半で世界は変えられないが、自分の世界は変えられる」と語ってます。

 この頃のU2はまさにそれを音楽だけで成し遂げようとしていたように感じる。今のU2には音楽以外の面で大きな力を持ってるようだけど、この頃のU2が一番信じられると自分は思います。

【サイト内関連記事】
Vertigo / U2 (HOW TO DISMANTLE AN AN ATOMIC BOMB 収録)
ONE STEP CLOSER / U2 (HOW TO DISMANTLE AN ATOMIC BOMB 収録)
WITH OR WITHOUT YOU / U2 (THE BEST OF 1980-1990 収録)
ONE / U2 (ACHTUNG BABY 収録)
The Saints Are Coming / U2 and Green Day (The Saints Are Coming 収録)


カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年12月27日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Gentlemen Take Polaroids / Japan (Gentlemen Take Polaroids 収録)

 Breathe life into me Spin me round♪

 デヴィッド・シルヴィアン率いるJAPANジャパン)の1980年発表の4thアルバム『GENTLEMAN TAKE POLAROIDS』のタイトルトラック"GENTLEMAN TAKE POLAROIDS"。邦題は「孤独な影」。ニュー・ウェーブを代表する名曲ですね。

・JAPAN - GENTLEMEN TAKE POLAROIDS


 シンセを多用したサウンドにシルヴィアンのエキゾチックで甘い歌声がすごくヨーロッパ的な美学を感じる曲です。

【サイト内関連記事】
Methods of Dance / JAPAN (GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 収録)
Burning Bridges / Japan (Gentlemen Take Polaroids 収録)
Taking Islands In Africa / Japan (Gentlemen Take Polaroids 収録)

カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(4) K 
2006年12月24日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. VIDEO KILLED THE RADIO STAR / BUGGLES (The Age of Plastic 収録)

 In my mind and in my car, we can't rewind we've gone to far.
 Pictures came and broke your heart, put the blame on VTR♪


 '77年にトレヴァー・ホーン(後にYes、そしてフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのプロデューサーとして有名に)とジェフ・ダウンズ(同じくイエス、そしてエイジアで有名に)の2人によって結成されたBugglesバグルス)の1979年のヒット曲"VIDEO KILLED THE RADIO STAR"。"ラジオスターの悲劇"という邦題でも有名なこの曲は、1981年8月1日にあのMTVが開局して初めて流れたビデオとしても有名です。アルバム『The Age of Plastic』収録。

・The Buggles - Video Killed The Radio Star


 まさに80年代MTV時代を予言したかのようなポップなサウンド。女性コーラスが素敵。こんなポップなサウンドに乗せて「ビデオがラジオスターを殺す」って歌っちゃうとこもいいですねぇ。

 アルバムでは、かわいらしいエレポップから大仰なニュー・ウェーブっぽい曲までもっともっとバラエティに富んだ音を聞かせてます。
カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(2) K 
2006年11月28日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Taking Islands In Africa / Japan (Gentlemen Take Polaroids 収録)

 Outside there's a world waiting I'll take it all by storm
 And when the sunset finds me I'm coming home♪


 英国出身のバンド、JAPANジャパン)の4thアルバム『GENTLEMEN TAKE POLAROIDS』(邦題:『孤独な影』)収録曲"TAKING ISLANDS IN AFRICA"。この曲はあの坂本龍一とのコラボレーションで生まれた曲です。

・JAPAN TAKING ISLANDS IN AFRICA


 クラフトワークをどこか連想させる初期テクノな感触のサウンドのバックに、アフリカンなビートを聴こえる面白い曲ですね。やっぱり、リズムに意識的な音楽は今聴いても古臭くないのが多い気がします。

【サイト内関連記事】
Methods of Dance / JAPAN (GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 収録)
BURNING BRIDGES / JAPAN (GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 収録)
GENTLEMAN TAKE POLAROIDS / JAPAN (GENTLEMAN TAKE POLAROIDS 収録)

カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年11月01日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. sweet dreams (are made of this) / Eurythmics (greatest hits 収録)

 Travel the world and the seven seas
 Everybody's looking for something♪


 '80年にAnnie Lennoxアニー・レノックス)とDave Stewartデイヴ・スチュワート)によって結成されたユニット、Eurythmicsユーリズミックス)の全米No.1にもなった大ヒット曲"sweet dreams (are made of this)"。1983年の同名アルバム収録。

・Eurythmics - Sweet Dreams (Are Made Of This) (Official Video)


 まさに80年代MTV世代を代表するシンセサイザーをメインとしたエレクトロポップ。どこかゴシックな印象(マリリン・マンソンもカヴァーしてましたね)の曲にハンサム(?)なアニー・レノックスのルックスと声。牛がでてくるシュールなミュージックビデオも必見。

 ユーリズミックスといえば、すごくニュー・ウェーブなイメージを持ちがちだけど、こうしてベスト盤を聞いてると、アニーのソウルフルな歌声の印象が強いグループだなぁと思ったね。
カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年10月27日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Love vigilantes / New Order (Low-life 収録)

 You just can't believe the joy I did receive
 When I finally got my leave and I was going home♪


 New Orderニュー・オーダー)の'85年発表の3rdアルバム『Low-life』の1曲目"Love vigilantes"。バーナード・サムナーの下手くそな歌とギター、ピーター・フックのやけにでかいベースの音。なのに全てが合わさると泣きたくなる位切ない。まさにニュー・オーダーって感じの曲です。イントロのピアニカの音がいいね。

・New Order live, 1985, 'Love Vigilantes'



New Order -『Low-life』収録曲リスト
1."Love Vigilantes"
2."The Perfect Kiss"
3."This Time of Night"
4."Sunrise"
5."Elegia"
6."Sooner Than You Think"
7."Sub-culture"
8."Face Up"
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
THE PERFECT KISS / NEW ORDER (SUBSTANCE 収録)
60 miles an hour / New Order (Get Ready 収録)
Let's Go (Nothing for Me) / New Order (the best of New Order 収録)
ICB / NEW ORDER (MOVEMENT 収録)
BLUE MONDAY / NEW ORDER (SUBSTANCE 収録)
KRAFTY / NEW ORDER (WAITING FOR THE SIRENS' CALL 収録)
Sunrise / New Order (Low-life 収録)
This time of night / New Order (Low-life 収録)
I’ll Stay With You / New Order (Lost Sirens 収録)
Restless / New Order (Music Complete 収録)
New Order@新木場STUDIO COAST (guest:石野卓球) 感想&セットリスト

カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(6) K 
2006年10月18日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. Burning Bridges / Japan (Gentlemen Take Polaroids 収録)

 It's all behind me now The work is done
 We pull away from rivers 
 The light of a distant fire burns again♪


 '76年にロンドンにて結成された4人組、Japanジャパン)の4枚目のアルバム『GENTLEMEN TAKE POLAROIDS』(邦題『孤独な影』)収録曲"BURNING BRIDGES"。5分以上もある曲なのに歌詞は上に書いたたったの数行のみ。後はすべてインストです。

・JAPAN BURNING BRIDGES


 シンセサイザーによるアンビエントサウンドに、メロウなサックスの音が異様な雰囲気を醸し出しててクセになります。

【サイト内関連記事】
Methods of Dance / JAPAN (GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 収録)
TAKING ISLANDS IN AFRICA / JAPAN (GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 収録)
GENTLEMAN TAKE POLAROIDS / JAPAN (GENTLEMAN TAKE POLAROIDS 収録)


カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年09月19日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. L.A.X. / Q AND NOT U (POWER 収録)

 惜しくも解散してしまったバンド、Q AND NOT Uキュー・アンド・ノット・ユー)の2004年発表の3rdアルバム『POWER』の3曲目"L.A.X."。つんのめるようなリズムにバックで聴こえるピコピコしたキーボードサウンドが印象的な曲。

・Q and Not U - Power - 03. LAX


 この曲を聴いて頭に浮かんだのは初期パンクを代表するバンドであるTHE STRANGLERS。キーボードが使われてるからじゃないかって突っ込みはなしで。後は、At the Drive-Inも思い浮かんだ。ATDIからMars Voltaに変化する途中をつなぐようなサウンドっていうか。

 イアン・マッケイ率いるディスコード所属だからというわけではないだろうけど、このバンドの歌詞はかなり政治的らしい。英語のわからん自分には対訳のない輸入盤ではわかりかねますが、なんか音か伝わる雰囲気でわかるというかなんというか。

 なんか比較ばっかりの文で申し訳ないが、むちゃくちゃカッコイイのでオススメです。
カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年09月15日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. New Wave / Post Punk
  3. This time of night / New Order (Low-life 収録)

 It's time we said goodbye, Bury your head and silence your cry
 You know the fear of pain Join our world and play our game♪


 "Confusion"等、アーサー・ベイカーとのコラボレーションを経て、'85年に発表したNew Orderニュー・オーダー)の3作目『Low-life』収録曲"This time of night"。

・New Order live, 1985, 'This Time of Night'


 「君がいなければ」と繰り返し歌われる歌詞の「君」とはいったい誰なんでしょう。なんとなく、Pink Floydの"IF"と似てる気が。ま、両バンドともカリスマを失ったという意味で共通点があるってだけなんですけど。

 ダンスの要素が大幅にアップしているにも関わらず、どこか物悲しいのは何故なのか。歌が下手くそなのにグッと来るのは何故なのか。普通に考えるとダメダメなのに何でこんなにいいんでしょう。

 彼らのアルバムジャケットで唯一メンバーが写ってる作品なのに、一番目立たないメンバー(スティーブ)をもってくるセンスもステキ。


New Order -『Low-life』収録曲リスト
1."Love Vigilantes"
2."The Perfect Kiss"
3."This Time of Night"
4."Sunrise"
5."Elegia"
6."Sooner Than You Think"
7."Sub-culture"
8."Face Up"
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
THE PERFECT KISS / NEW ORDER (SUBSTANCE 収録)
60 miles an hour / New Order (Get Ready 収録)
Let's Go (Nothing for Me) / New Order (the best of New Order 収録)
ICB / NEW ORDER (MOVEMENT 収録)
BLUE MONDAY / NEW ORDER (SUBSTANCE 収録)
KRAFTY / NEW ORDER (WAITING FOR THE SIRENS' CALL 収録)
Sunrise / New Order (Low-life 収録)
Love vigilantes / New Order (Low-life 収録)
I’ll Stay With You / New Order (Lost Sirens 収録)
Restless / New Order (Music Complete 収録)
New Order@新木場STUDIO COAST (guest:石野卓球) 感想&セットリスト

カテゴリ : New Wave / Post Punk ・ comments(0) K 
2006年09月06日(水)