<< Start It / Let's Buy Happiness (Chants For Friends 収録) home 『COUNTDOWN JAPAN 14/15』、第4弾発表!星野源、サンフジンズ、フジファブリック他、全ライブアクト決定! #cdj #cdj1415 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2014)
  3. 淡座「江戸幻想夢見噺」@両国門天ホール

トーキョーワンダーサイト(tokyo wonder site)が主催する『トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル(TEF) Vol.9』、「TEFパフォーマンス」の1つ、淡座あわいざ)というグループの公演を見てきました。

淡座は「江戸」をテーマにして活動を送るグループだそうです。
プロフィールはこんな感じ。

淡座【Profile】
三瀬俊吾(ヴァイオリン)、藤井泉(チェロ)、竹本聖子(チェロ)、本條秀慈郎(三味線)、桑原ゆう(作曲)による、現代音楽をベースとするクリエイショングループ。「江戸」 に学び、音と言葉の「あわい」を描くことを目的として、 2010年に結成。2011年、古今亭志ん輔師をゲストに旗揚げ公演「噺×現代音楽」を行い、それ以来、志ん輔師との共演を重ねている。 

現在は藤井さんは離脱中のようです。

今回の公演は落語家の古今亭志ん輔を迎え、「江戸幻想夢見噺」と題されて行われました。

プログラムは以下。
・泉 鏡花をテーマとした、ヴァイオリン(水の曲)、チェロ(逢魔が時のうた)、三味線(若紫のうた)
    それぞれのソロ作品 (2014)《世界初演》
・はすのうてな (2011/2014)《改訂初演》
    −ヴァイオリン、チェロ、三味線のための−
・反魂香 (2011/2014)《改訂初演》
    −噺、ヴァイオリン、チェロ、三味線のための−
(作曲:桑原ゆう)

まずは、三味線、チェロ、バイオリンのメンバーがソロで演奏。
三味線は歌もあって割と分かりやすかったけど、チェロ、バイオリンは所謂アヴァンギャルドな感じですごく不思議な感じで面白かった。

そして、3人での演奏があって、休憩を挟み、メインの「反魂香」。
古典落語に演奏を付ける、バイオリンの三瀬氏曰く「落語のBGMではなく、落語とのアンサンブル」という形式。

詳しい話は作曲の桑原ゆうさんのインタビューを参照ください。

これがまた古今亭志ん輔師匠の軽妙な語り口と演奏がどちらもお互いとの間をとりながら進んで行くもので、すごく良かった。

次は、2014年11月19日(水)にも国立演芸場にて、『志ん輔の会』というもので2組の共演があるとのことなので、気になる方はぜひ行ってみては?
http://www.0874sinsuke.com/performance/special
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0) K 
2014年11月05日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails