<< Fuji Rock Festival 08 日記 7/27(日) 3日目 part2 home フジロック08 3日目 セットリスト集 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '08
  3. Fuji Rock Festival 08 日記 7/27(日) 3日目 part3

Fuji Rock Festival 08 日記 7/27(日) 3日目 part2より続く

GREEN STAGEに到着し、PRIMAL SCREAMを観る。
忌野清志郎のキャンセルを受けて、2日連続。
大トリ。
1曲目に"Accelerator"と、昨日とは違って攻撃的に来るか!っと思わせといて、結構セットリストは2日連続似た感じみたいね。
"Miss Lucifer"のイントロを途中で止め、何やらMCをして"Jailbird"をやったけど、アレはなんだったのでしょう・・・
ま、とりあえず、順番はどうであれ、"Jailbird"〜"Miss Lucifer"の連発は反則です♪

が、大好きな『XTMNTR』から"Kill All Hippies"が聴けてかなり満足して、二日連続途中でプライマルを後に移動開始。
ごめんよボビー。
"ROCKS"とか聴きたかったよ・・・
("Loaded"もやったみたいね。超聴きたかった・・)



プライマルを切ってまで移動したのは、もちろんWHITE STAGEが下手したら入場規制がかかるかも知れないから。
もちろん、一周りも二周りも大きくなって帰ってきたであろう、THE MUSICのフジロック凱旋ライブを観るため。
ホワイトに着くと人がいっぱい。
その人を掻き分け前方へ。
そしてライブスタート。いきなり"Take The Long Road And Walk It"。
うぉー、テンション激上がり。
ロブの髪は無くなってもあのタコ踊りは健在だよ!
1st、2nd、そして最新3rdから万遍なくやったんだけど、よく言われるようにリズム隊がしっかりしてて、天然のグルーヴに更に知性のグルーヴまで加わったような完璧なグルーヴ。
やっぱり1stの曲の盛り上がりは半端ないけど、3rdの"STRENGTH IN NUMBERS"の盛り上がりも負けてなかった。
そして、いよいよ待ちに待ったあのギターのイントロのフレーズが流れ、ホワイトステージのヴォルテージは最高潮へ。
そう、"THE PEOPLE"。
もう狂ったように周りも(そして、自分も)ピーポー・ピーポー叫びまくりでした。

"NO WEAPON"と"GETAWAY"で盛り上げてラストはもちろん"BLEED FROM WITHIN"。
もうね、この曲、ザ・ミュージックの中で個人的にはNo.1と言ってもいいんじゃないかというくらい好き。
CDで聴くのもいいけど、ライブは更にヤバイ。
最後のパーカッションの乱れうちに軽くトランス状態。
そして、ロブがピース!と叫んで帰って行きました。

もちろんこの曲でライブは終わりでアンコールなどあるはずないのですが、アンコールの声はしばらく止みませんでた。
きっと彼らはまだまだLong Roadの途中。
ホワイトの大トリの次は、やはりGREEN STAGEでトリを飾って欲しいものです。


THE MUSICの余韻を保ちつつ、グリーンに移動し、ついにクロージングバンドのASIAN DUB FOUNDATIONで更に楽しむ。
ADFを観るのは今年だけでも昨日と6月の単独の3回目ですよ。
なのに全く飽きが来ない。
むしろ、この3日間の疲れなどすべて忘れさせ(ほんとは超疲れてて、座って観ようかと思ったけど・・・)、踊りまくり。
ミュージック以上にフジの申し子と言っても過言でない彼ら(ちなみにフジロック最多出演バンド)、まさに3日間の祭を締めるにはもってこいのバンド。

クライマックスはもちろん、連日の"Fortress Europe"で!
ホント最高でした!!



一応これでメインステージはクロージング。
それでもグリーンは終わりを惜しむように人が集まり、例年のように"Power To The People"で踊り狂ってました。


グリーンがクローズしたとはいえ、フジロックはまだまだ終わらない。

オアシスでタコスで腹ごしらえして、RED MARQUEEへ。
ADRIAN SHERWOODが回してました。
先ほどアンコールを止めない観客にADFのメンバーが"もう終わりだからエイドリアンをレッドに見に行け"ってって言ってたしね。
THE BEATLESの"A Day in the Life"とMax Romeoの"Chase the Devil"という、何気に自分が大好きな曲をミックスさせたりしてたのがツボでした。
できれば、リー・ペリーが出てきてダブ対決とかしてくれたら最高だったんだけど。
それはさすがに高望みしすぎか・・・


お次はFANCY
JUSTICEの"D.A.N.C.E."を共作した人達ね
やべ、声超高っ!
てか、何あの衣装!!

深夜に妖艶なロックバンドを観て、今年のフジロックの締めです。

とか言いながら、すぐ宿に帰るのは淋しかったので、帰り道でちょっとTHE PALACE OF WONDERに寄り道して、ROOKIE A GO GOで太平洋不知火楽団を観たり(すげぇ地味な見た目なのに音はキレキレ)、CRYSTAL PALACE TENTで誰か知らないキャバレー風のバンド観たり。

そしてついに帰宿。

ついに終わってしまった。。


●今日のハイライト
・THE MUSICの"THE PEOPLE"と"BREED FROM WITHIN"
・またまたADFのフォートレス・ヨーロッパ

そんな感じで私の夏は終わりです。
また来年苗場で!
【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07

higher than the sun / PRIMAL SCREAM (SCREAMADELICA 収録)
loaded (7"version) / primal scream (come together 収録)
Burning Wheel / Primal Scream (Vanishing Point 収録)
Swastika Eyes / PRIMAL SCREAM (XTRMNTR 収録)
ROCKS / PRIMAL SCREAM (Give Out But Don't Give Up 収録)
MISS LUCIFER / PRIMAL SCREAM (EVIL HEAT 収録)

Welcome To The North / The Music (Welcome To The North 収録)
Take The Long Road And Walk It / The Music (The Music 収録)
Bleed From Within / THE MUSIC (Welcome To The North 収録)
STRENGTH IN NUMBERS / THE MUSIC (STRENGTH IN NUMBERS 収録)

BUZZIN' / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
FLYOVER / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
FREE SATPAL RAM / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
TANK / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
BURNING FENCE / ASIAN DUB FOUNDATION (PUNKARA 収録)
ASIAN DUB FOUNDATION@SHIBUYA AX (Opening Act: African Head Charge)
Asian Dub Foundation@新木場STUDIO COAST(guest:THA BLUE HERB)
カテゴリ : Fuji Rock Festival '08 ・ comments(0) K 
2008年07月27日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails