<< 2006/3/1(水)イタリア旅行初日 東京:雨 ヴェネチア:晴れ home 2006/3/3(金)イタリア旅行3日目 ヴェネチア⇒フィレンツェ:晴れ >>
  1. K's今日の1曲
  2. イタリア旅行2006
  3. 2006/3/2(木)イタリア旅行2日目 ヴェネチア:晴れ

 昨日はほとんど移動だったので、いよいよ今日から旅行開始ですわ。

 (7:00)夜中に何度か目が覚めたりしつつ、起床。シャワー浴びたり、ビュッフェ形式の朝飯食ったりして準備。2人部屋の方の浴室のドアの鍵が中じゃなくて外側についてて(設計ミス??)ウケた。

 (10:00)いよいよホテル出発です。メストレ駅に行き、切符購入(片道1€)。

 (10:27)切符に打刻を済ませ、電車を待つも来ず。どうやら10分遅延の様。イタリアではよくあることらしいです。んで10分後電車出発。

 (10:55)電車に揺られ海上に架かる橋を渡ると目的地、サンタルチア(Santa Lucia)駅着。そして、駅舎を出るとそこは・・・アドリア海の女王、水の都ヴェネチアでした。正直マジ感動です。ほんとこの光景は世界でもここヴェネチアでしか見れない光景だと思います。

 (11:06)そんな感動をもらいつつ、もちろんヴェネチアでの主な移動手段である水上バス(ヴァポレットVaporetto)乗り場へ。12€の一日券を購入しFERROVIA RAILWAY駅より出発。

 水上バスで海上を進む。ほんと水際に建物が建ってて、船から直接入れるようなドアとかもあったりして景色に見とれる。そして、事件は起こった。デジカメで一生懸命写真を撮ってたたけちゃんを見てイッチーが「デジカメ海に落とさないように気をつけてよ」って言った瞬間・・・ポチャンと。。海を見ると、一冊の本が。どうやらガイドブックを落としたみたい。さすがたけちゃん、「落としちゃダメ」っていうフリに応えて落とすなんて笑いが分かってるね。側に立ってた外人カップルにバッチリ笑われました。

 (11:45)そんなガイドブックを海に置き去りにして水上バスは進み、S.MARCO駅到着。水上バスを降り、サン・マルコ広場(Piazza San Marco)へ。ドゥカーレ宮(Palazzo Ducale))とサン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)とコッレール博物館(Museo Civico Correr)に囲まれたサン・マルコ広場は観光客がいっぱいでした。

 それにしても、建物はどれもすごい。やっぱヨーロッパだなぁって当たり前なこと思っちゃった。まず最初にサン・マルコ寺院に入ったんだけど、外観そして中の作りや天井のモザイク画、どれも日本にないよね。大鐘楼(Campanile)からの眺めも最高でした。

 広場を出て街をプラプラすると嘆きの橋(Il Ponte dei Sospiri)が。その昔、橋の向こう側は刑務所になっていて、その橋の途中にある小窓から見える景色が終身刑の囚人が見る最後の景色になることからその名がつけられたらしいです。こんな綺麗な景色が見れなくなるなんて、罪を犯した人はすごい後悔するんだろうなぁ。

 それからちょっと路地に入ってバール(BAR)にてパニーニを買って食いながらブラブラ。先ほど水上バスからも眺めたリアルト橋(Ponte di Rialto)を渡る。

 橋からその先にかけてお店とかも結構あってそこをもりもり歩いてると、ジェラート屋が。そこでこの旅最初の名言(迷言)が。皆それぞれ好きなのものを頼んでたらイッチーが「〜・オグラート」と。皆「オグラートってなんだろうね」って話をしてて、メニューをよく見たら「Yogurt」って。全員大爆笑。特にキンスがツボってた。「Y」が見難かったのは確かだけど、「Y」がなくても「オグラート」の「ラ」ってどこから来た??まぁ、あんまりいじるとイッチーが怒るのでこの辺で。

 そんなこんなで当てもなくあちこちウロウロして回った後(ダビパン、セクネク、そしてこの旅中ずっと話題になったMAXとの出会いもありました。なんの話かは割愛で)、再び水上バスにてサン・マルコ広場へ。広場より奥のショップがいっぱいあるとこを一通り回った後、ヴェネチアに来たからには乗っとけってことでゴンドラ(Gondola)乗り場へ。

 (18:05)ゴンドラ乗り場に行って値段交渉開始。高くて全体を回るコースと短めで安いコースを説明されるが、値段交渉に乗ってくれないので諦めて立ち去ろうとしたら、こぎ師が寄って来て、ちょっと短くなるけど安い方の値段で全体回ってくれるとのこと。それでも5人で100€。なかなかのお値段ですなぁ。

 かなり不安定なゴンドラにビビリながら全員乗船し、いよいよ出発。陽が落ちたとたん一気に寒くなったので毛布をかけてもらいました。サン・マルコ運河から路地の水路に入ってくと、さっきまで見ていた風景を下からゴンドラに揺られながら見れる、もう最高。狭い水路もこぎ師のおっさんのすばらしいテクニックですいすいと他のゴンドラを追い抜いてく。テンション上がりまくりで、すれ違う他のゴンドラに比べ明らかにうちらだけうるさかったのは間違いないね。

 約1時間ほどで一周。しかし、最後の最後にやってくれました。サン・マルコ運河に出たとたんゴンドラが揺れまくる。若干ゴンドラのこぎ師のおっさんがわざと揺らしてる疑惑浮上。水が入ってくるんじゃないかって感じでワー・キャーしつつ船着場に到着。まぁなんだかんだで楽しかったけどね。

 (20:30)もう辺りは真っ暗になったので水上バスにてサンタ・ルチアに戻って夕食。ピザやパスタなどをそれぞれ頼んで皆で交換し合ったりして63€。んで、支払い。今回の旅では自分がカードでまとめて飯代は払うってことになってたんだけど、何故かVISAが不調で機械が読み取ってくれなくてかなり焦る。運良くMasterも持っててたのでなんとか乗り切り支払い終了。

 (21:40)腹も満たったとこで、電車に揺られメストレ駅につきホテルへ。22時過ぎには全員爆睡でした。

 これでヴェネチアは終わりなわけで、明日にはフィレンツェに向かいます。てな訳でヴェネチアのまとめ。ヴェネチアは景色。もうこれに限る。世界中どこ探してもこんな街はないでしょうね。水の都とはよく言ったものだって、ほんと綺麗な街でした。あまり中に入って見学とかはしなかったけど、外から見るだけで大満足でした。

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : イタリア旅行2006 ・ comments(0) K 
2006年03月02日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails