<< 夢の花 / THE BACK HORN (ヘッドフォンチルドレン 収録) home Hi-D!!! / DEPAPEPE (Let's Go!!! 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. British Anthems 2006@新木場STUDIO COAST (Supergrass、The Dead 60s、The Little Flames 他)

 今日は新木場STUDIO COASTまで「British Anthems」(ブリティッシュ・アンセムズ)なるイベントに行ってきました。

 出演は、SUPERGRASSTHE DEAD 60STHE LITTLE FLAMESTEST ICICLESGREAT ADVENTUREDUSTIN'S BAR MITZVAHDOPING PANDAART-SCHOOLaMUNDER THE COUNTERNICO Touches the Wall 等々。

 初スタジオ・コーストなので会場を一通り見つつメインステージ1組目、GREAT ADVENTURE。以前サマソニでのライブ映像をテレビで見て気になってた日本のバンド。ベースがブリブリいってるしこれいいです。でも一つ気になるのは英語で歌う必然性が感じられないってこと。カッコつけてるのか逃げてるのか知らんけど、日本語で歌えよって思った。

 お次は会場外にあるテント状のセカンドステージへ。NICO Touches the Wall。なんか華がねぇ。。でも、ドラムが一際地味だったんだけど、結構良かったです。

 メインでDUSTIN'S BAR MITZVAH。ポストリバティーンズとかふれこみがあって期待して観てみたけど・・・たいしたことねぇなぁ。悪くはないけど・・・。

 気を取り直してセカンドでUNDER THE COUNTER。さっきのバンド同様に華がねぇ。なんか最近の日本のバンドってこんなんばっかですか?見た目は重要ですよ。まぁ曲はなかなか。

 再びメイン。TEST ICICLES。3人出てきたと思ったら3人ともフロント。ドラムなしで打ち込み。で、3人それぞれが曲ごとにヴォーカルを担当、余った2人がギターっていう変わった編制。音もステージングも変わってておっ!!てなりました。かっこよかったけど、後半若干飽きたかなぁ。

 次はセカンドでaM。元スーパーカーのドラマー、タザワ・コウダイのユニット。打ち込み+電子ドラムとかそんな感じ。そういやこの会場でスーパーカーは解散したんだなって感慨以外は特に何も・・・。

 さて、ここからが本番みたいなものです。メインにもどってTHE LITTLE FLAMES。デルタソニック・レーベルの女性ヴォーカルのバンド。やっとブリティッシュって感じ。でも期待ほどでもなかったかも。ってなんかほとんど褒めてないですね、ここまで。すいません。

 ちょっと混んできたのでセカンドに行くのやめてメインステージにずっといようかと思ったけど(セカンドステージって屋根があって回りは一応囲まれてるけど、ほぼ外みたいなもんですごく寒いし)、やっぱり全部見ようと思いセカンドへ。

 セカンドにてART-SCHOOL。やっとちゃんとした(?)日本のバンド。今までより明らかに客が集まってるし。でもね、自分このバンドのヴォーカルの声がいまいちなのよ。曲は嫌いじゃないんだけど。でも、あまり聴かないのに知ってる曲が何曲か聴けたので楽しかったです。

 そして本日1番のお目当てのTHE DEAD 60Sを観るためにメインに戻りやや前方のど真ん中確保。程なくしてサイレンの音と共にメンバー登場。カッコイー!ライブが始まるとモッシュが起こるほど盛り上がり。「Riot Radio」あたりが一番盛り上がってたかな。でも個人的には「Riot Radio」のような速曲より「Cold Soul」などレゲエ/ダブ色が強いゆっくり目の曲がガツンときました。音とルックスがもう完璧合ってて、今日前半のバンドとかに見習わせたい感じだったな。

 やっとテンション上がってきたので寒いのをガマンしてセカンドにてDOPING PANDA。やっぱセカンドのトリだけあって一番の客の入り。比較的ダンサブルな曲が多いので乗ってきました。てか寒くてじっとしていられなかったというのが本音か・・・。

 そしてメインにてイベントのトリ、SUPERGRASS。観る前は正直に言うと、なぜ今トリがスーパーグラス??って思った。全盛期ならまだしもね。最近の曲知らないなぁというか、昔の曲もどんなのだったっけ?って感じでした。以下、観てからの感想。

 まずヴォーカルのギャズが一人で出てきてアコギで弾き語り。あれっ、声が結構若々しいじゃんって思った。その後ベースのミックも出てきて2人でアコギ。アコースティックで「Caught By The Fuzz」やっちゃったよ。バンドで聴きたかったけど、アコギの方でもカッコよかったからいけど。

 その後、ミックがベースに持ち替えて数曲、ギャズとミックがギターとベースを持ち替えて「Mary」を歌ったりした後、ドラムのダニーとキーボードの人(名前知りません)がでたり音が増えていき、最終的にはフルバンドサウンドで。ここから一気に盛り上げまくり。
 
 新作からも何曲かやったみたいけど、やはり「Moving」、「Richard III」とか名曲を。そういや「Moving」大好きだったなぁとか思い出した。そして本編最後は「Pumping On Your Stereo」で盛り上げ終了。アンコールも2曲やり満足のトリでした。

 全体を通してみると正直微妙なイベントだったと思うけど、Dead 60sSupergrassが良かったので満足です。


【サイト内関連記事】
RIOT RADIO / THE DEAD 60S (THE DEAD 60S 収録)
YOU'RE NOT THE LAW / THE DEAD 60S (THE DEAD 60S 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0) K 
2006年01月21日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails