1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 海辺に咲くばらのお話 / Cocco (スターシャンク 収録)

 Cocco、2019年10月2日リリースの約3年ぶり、記念すべき10作目となるフルアルバム『スターシャンク』のリード曲"海辺に咲くばらのお話"

・Cocco 「海辺に咲くばらのお話」 Music Video


 柔なかな電子音、鍵盤、ストリングスに導かれ始まる曲。ダークな雰囲気なんだけど、包み込むように歌い上げるCoccoの歌声が優しく響く。ロンドンで服飾を専攻する20歳の大学生TON TON GARNETという人が手がけた美しいミュージックビデオも素晴らしく、そちらと合わせて聴くとなお良いです。そこに映るCoccoの表情は、穏やかでもあり、力強さもあるもので、紆余曲折がありながらもこんなに長く彼女が音楽活動をしてくれているという事実と重ね合わせてなんかグッとくるものがあります。後、映像の雰囲気も相まって、穏やかさと狂気、神秘的な部分も兼ね備えたところはビョークに近いものを感じさせます。

 ビデオの話で言うと、最後の方でCoccoの息子さんが一瞬登場します。一瞬すぎて気づかなかった人は、同アルバム収録の"願い叶えば"のMVも観てみるといいですよ。

・Cocco 「願い叶えば」 Music Video


 この曲も含め、アルバムのプロデュースを2作品ぶりに根岸孝旨がつとめているのも注目。デビューの頃から追っかけているものとしてはやっぱりこのタッグは特別なんですよねぇ。2017年に20周年記念で武道館で一緒にステージに立ってる姿を見て「これだよこれー」って思ったもんなぁ。90年代オルタナを感じさせる曲もあってオールドファンは嬉しい人多いのでは。リリース後に出演したミュージックステーションを観てCoccoを初めて知った人にも入門編としてもちょうど良いのではないでしょうか。

 12月には全国6ヶ所で「Cocco Live Tour 2019 “Star Shank”」と題してツアーが行われます。こちらも要チェック。最後にアルバムにたいしてのCoccoのコメントをどうぞ。一気にではなくても一歩ずつ進んでいくCoccoのこれからも楽しみ。

Cocco コメント
アクセサリー作りにおいて、
「シャンク」=繋ぐという技術を教わりました。
それは、今まで無理だと諦めていた類いの物まで
作れるようになる新しい術(すべ)との出会いでした。
人生を照らすそんな小さな光を、ひとつづつ繋いで、
また一歩、その先へ進んで行けるということ。
何度も、何度も何度も。
結局、どうしたって止められない歌を
またあなたに届けさせてほしい。
「スターシャンク」
光を繋いで、みんなで生きていけますように。

Cocco



Cocco -『スターシャンク』収録曲リスト
01. 花爛
02. 2.24
03. 夕月
04. 海辺に咲くばらのお話
05. Gracy Grapes
06. くちづけ
07. Ho-Ho-Ho
08. 願い叶えば
09. 極悪マーチ
10. Come To Me
11. Being Young
12. フリンジ
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
Rainbow / Cocco (焼け野が原 収録)
雲路の果て / Cocco (ラプンツェル 収録)
ニライカナイ / Cocco (エメラルド 収録)
「CまでNight ♥ ワンツースリー」@Zepp DiverCity Tokyo (Cocco、Plenty、ヒトリエ) 感想&セットリスト
Cocco@日本武道館 『Cocco 20周年記念 Special Live』 感想&セットリスト 



カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月22日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 涙はふかない / カーリングシトーンズ (氷上のならず者 収録)

 奥田民生(奥田シトーン)、寺岡呼人(寺岡シトーン)、斉藤和義(斉藤シトーン)、浜崎貴司(浜崎シトーン)、YO-KING(キングシトーン)、トータス松本(トータスシトーン)という歴戦の強者ども6人からなるカーリングシトーンズのデジタル配信シングル"涙はふかない"。2019年11月27日リリースのデビューアルバム『氷上のならず者』収録。

・カーリングシトーンズ 「涙はふかない」MV


 この曲は作詞が寺岡シトーンとトータスシトーン、作曲が寺岡シトーン。すでに昨年末に公開されていた"スベり知らずシラズ"はローリングストーンズ風の切れ味鋭いロックンロールナンバーだったけど、こちらは歌謡曲風の爽やかなサウンドになっています。ボーカルも6人が割と均等にとってる感じ。和気あいあい楽しむおっさんたちが堪能できます。特にその和気あいあいさが伝わるミュージックビデオを見ながら聴くとさらに楽しい。大盛りの白飯をもぐもぐしながら歌う(というか歌うふりすらしないキングシトーン笑)もぐもぐタイムもあり!一応"カーリング"ってところは忘れてないけど、ちょっとネタが古いのはご愛嬌。その辺もバンド名決めたりコンセプト決めたりしてるときにみんなで盛り上がったノリで考えたんだろうなってのを想像するとニヤニヤさせられる。

 結成からかなり経ったけど、ついにデビューアルバムとツアーの詳細も発表されました。全員が曲を作れる(というか日本を代表するソングライターばかり!)なのでどんな曲が飛び出すのか楽しみすぎますね。


カーリングシトーンズ -『氷上のならず者』収録曲リスト
01.スベり知らずシラズ
02.何しとん?
03.俺たちのトラベリン
04.わかってさえいれば
05.マホーのペン
06.キャラバン
07.タイムテーブル
08.B地区
09.出会いたい
10.Oh! Shirry
11.夢見心地あとの祭り
12.涙はふかない

・初回生産限定DVD
01. 2018年カーリングシトーンズ デビューライブ記者会見 映像
02. オリジナル映像『カーリング場にシトーンズがやって来るワァ!ワァ!ワァ!』
03. Music Video『涙はふかない』
04. 特別メイキング映像
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする

<アルバムリリースに際してのメンバーコメント>
寺岡シトーン「バイバイする時、寂しい気持ちになる。そんな中学生の頃に戻ったようなアルバム制作でした」
奥田シトーン「雑なところがいいです」
斉藤シトーン「なんかいいよ!」
浜崎シトーン「楽しかった?!」
キングシトーン「楽しい録音、カッコいい音楽」
トータスシトーン「いろいろやってるでー!」


■カーリングシトーンズTOUR 2019-2020「やったぁ!明日はシトーンズだ!」
東京公演 12月23日(月曜日)東京国際フォーラムホールA
熊本公演 1月11日(土曜日)熊本城ホール メインホール
大阪公演 1月13日(月/祝)大阪・オリックス劇場
広島公演 1月14日(火曜日)広島文化学園HBGホール
名古屋公演 1月28日(火曜日)名古屋国際会議場センチュリーホール

<ツアーにむけたメンバーコメント>
寺岡シトーン「あっという間に終わって、またまた寂しい気持ちになるのが目に見えてる!」
奥田シトーン「各地ですべろうと思います」
斉藤シトーン「飲むよー!」
浜崎シトーン「楽しみ〜!」
キングシトーン「体力つけて、楽しむぞ!」
トータスシトーン「いろいろやるでー!」


【サイト内関連記事】
スベり知らずシラズ / カーリングシトーンズ (スベり知らずシラズ 収録)

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月21日(月)

Related Posts with Thumbnails